事業概要

ぬる湯温泉手形は、地方創生事業の一貫として、古湯・熊の川温泉温泉手形運営委員会が運営しています。

古湯・熊の川温泉温泉手形事業の概要

課題

佐賀県佐賀市の名湯である熊の川温泉並びに古湯温泉は、時代と共に事業者数の減少、来客数の停滞、施設の老朽化など、様々な問題を抱えている。

温泉保養地としての県内外からの集客力アップを目指し街並み環境整備などの取り組みも行っているが、顧客重視の新規性のある企画と地域主体取り組みが必要となっている。

事業内容

  1. 佐賀県重要無形文化財である肥前名尾和紙の素材を活かした特色ある温泉手形発行
  2. 利便性の高い内容の温泉手形を利用したリピーターアップ
  3. お客様への広報活動と販売ルートの開拓
  4. 先進事例を学ぶための講師招致、温泉手形を既に運用している地域へ出向いての研修
  5. 観光地としての機能充実のため、温泉手形のしくみ、使用方法、また、地元産品や当地区の魅力ある取り組みについて県内外へホームページにて積極的に情報発信を行う

期待する効果

  1. お客様に温泉手形を有効に利用していただくことで古湯・熊の川温泉の集客力アップによる経済効果が期待できる
  2. 県内の各種イベントとの協働を活発化することで地域浮上が期待できる
  3. 温泉手形普及と継続で利用者の増加と共に地域活力アップが期待できる